IT仕事の役割について

IT仕事

それぞれの工程にも割り振りがあります!

ST○P細胞はアリま~す!

誰が何をしているの?

前回の記事にて、工程(作業)について説明をしました。

では、各工程ではどんな人が何を担当して仕事していくのでしょうか?

ざっくりとですが工程と各役割は以下のようになっています。

  • 要件定義~内部設計は SE 
  • 開発~テストは PG
  • リリース~検収は SE

リリース~検収は SE ではなく 案件担当者(チームリーダー等) がすることが基本かもしれません。

そして、小さい案件は SE が全て行うこともありますし、PGでも内部設計することもあります。

そのへんは、会社によって違うかなぁ…と。(逃げ腰)

SEは何する人?

SEは、Systems Engineer(システムエンジニア) の略称です。

お客さんとやり取りを行いつつ、設計、スケジュール、人員の確保など

開発を円滑に進めることを行うとても重要な役割です。

SEとしての役割として必要なものは…

  • お客さんの業務を把握する理解力
  • システム設計できる知識と技術力
  • トラブルや開発での問題解決能力
  • スケジュールや人員を管理するマネジメント力

といったものが必要となります。

PGは何にする人?

PGは、Programer(プログラマー) の略称です。

設計書通りにシステム開発し、テストを行う役割です。

PGとして必要な能力は…

  • 設計書の解読力
  • システムで必要なプログラム言語の理解力

といったものが必要となります。

IT業界で必要?

IT業界は、根暗なイメージやしコミュニケーション能力なんて必要ないんやろ?

とたこくんと同じことを思っているそこのあなた!

とても残念なお知らせですが、IT業界でも例に漏れることなくコミュ力(コミュニケーション能力)が必須となります。

PGだとしても、SEと相談して案件を進めていくためコミュニケーションをとらないと進みません。

要はどこかで人が関わるものは、コミュ力は必要ですね。

あと、SEはお客さんとやり取りでコミュ力がかなり必要そうだから一生PGでいいや。

というのも、道としてはありますがかなり厳しいのでおすすめしません。

PGだけという意味は、常に最新の言語の技術に精通しており、どんなプログラム言語でもござれ!

といった研究職に近いことができるような人です。

そもそも、個人事業主(フリーランス)でならまだしも、会社員で考えるとPGだけできる人は需要がかなり少ないのです。

いくら、製造する能力があっても、案件を管理できないんじゃ

利益が出ないならPGばかり居てもしょうがないですね…

まとめ

  • 各工程にはSEとPGで役割分担がある
  • SEはシステムエンジニアの略称
  • PGはプログラマーの略称
  • IT業界でもコミュ力は必要